物流業務省力化の強い味方「マテハン機器」って何?

物流に携わる皆さんの省力化の強い味方のひとつに「マテハン機器」があります。物流業務の省力化だけではなく、ミスを減らし効率を上げるマテハン機器の魅力を紹介します。

マテハン機器って何?

物流の仕事に携わると頻繁に耳にする「マテハン機器」という言葉ですが、まずは用語の意味を紹介します。辞書「デジタル大辞泉」によれば、マテハン機器とは「品物の積み上げ・積み降ろし・運搬などを目的とする専用機械類。マテリアルハンドリング機器」となっています。実際の現場では、自動化された設備内の機器や工程、特に業務の省人化や省力化につながるものを指すことが多いようです。

マテハン機器ってどんなもの?

代表的なマテハン機器には、以下のようなものがあります。

自動倉庫

クレーンや制御装置、在庫管理装置などで入出庫を自動化した立体的な棚を持つ倉庫のことです。通常の倉庫に比べ、多層で立体的な棚を使用することができるため、空間効率が高くなります。また、入出庫・在庫管理の精度向上や、作業の安全性を高めることができるのも自動倉庫のメリットです。

ソーター

ソーターは英語でsort(ソート:仕分ける)する機械という意味で、日本語ではそのまま仕分け機などと言います。物を出荷先別や品目別などに仕分ける機械です。ソーターのメリットはやはり人手に頼らず短時間で大量に作業できることや、複雑な仕分けでも正確性を保てることなどでしょう。扱う物品によって多種多様な形状の物が作られていることはもちろん、スライドシュー方式やポップアップ方式など、目的に応じた仕分け方式もさまざまです。

ピッキングシステム

ピッキングとは、注文や出庫指示などの要求に対して必要なものを必要な個数だけ在庫から選び出すことですが、こうした作業を補助したり、自動で行ったりする機器をピッキングシステムと呼びます。特定の物品をまとめて持ち出し振り分けていく「種まき方式」と呼ばれるピッキングには、コンベヤと後述の自動認識装置を組み合わせたものが使われています。一方、多種類の物品を指定された点数で集めて回る「摘み取り方式」の場合、作業者がそれぞれの保管場所まで赴く必要があり、コンベヤでは対応できません。ここでは作業者の持つタブレットにリストを表示し、自動で計数する棚とデータを連携、品目や個数が一致しないと警告音が鳴るというような支援が行われています。

自動認識装置

バーコード、QRコード、RFID(ICタグ)、また文字や形状などを自動で認識し、認識した内容に合わせた処理を行うための装置です。検品や仕分け、計数などの装置と組み合わせて活用します。個数を数えたり、文字や形を読み取って仕分けたりといった、今まで人手に頼っていた部分を自動化することで人的ミスを削減できるのがメリットです。

マテハン機器導入でここが変わる!

このように物流の現場で役立つマテハン機器ですが、その活躍の場は卸や小売り、通販といった分野に限定されません。例えば製造業では、出荷の多品種化に対応するためにはもちろん、工程間の物流業務にマテハン機器を導入することにもメリットがあります。次工程が求めるタイミング、求める数量のデータを、生産管理システムと自動倉庫が共有すれば、必要な原材料や部品をスピーディーに供給しつつ、省人化が図れます。出庫の際の検品はもちろん、原材料や部品の受け入れにおいてもソーターや自動認識装置を活用することで、異品の混入の可能性を大幅に減らすことができるでしょう。マテハン機器は、物を持ち上げたり、移動したりといった力仕事を助ける省力化の機器としてはもちろん、業務の効率アップや品質アップなど、物のあるところすべての場面で役立ちますので業務に合わせて検討しましょう。


マテハン機器の種類や特徴、導入のメリットを紹介しました。物流業務や関連業務に役立つマテハン機器はありましたか? 今回紹介した以外にもマテハン機器や物流ソリューションはたくさんあります。ご検討の際はぜひ物流のプロフェッショナルに相談してくださいね。

関連記事