スムーズな物流の要!物流センターの役割とは?

物流業務の中心となるのが物流センターです。物流業務は顧客に託された物品を輸送するものですが、そのなかで、物流センターはどんな位置づけにあるのかを見ていきます。

物流センターが担う役割とは

物品の円滑な輸送のために、物流センターはなくてはならない存在です。具体的にどのような役割を果たしているのかを理解するには、物流センターの基本的な特性を見る必要があります。

基本的な物流センターの役割とは、物流システムの中継局です。一般的に商品は、消費者に届くまでにさまざまな業者の手を渡っています。例えば、小売業であれば次のような流れとなります。

  • 小売業者が卸売業者に必要な商品を発注
  • それを受けた卸売業者は物流センターに対して発注先への納品を指示し、同時にメーカーに発注
  • メーカーの指示を受けた工場から商品が物流センターに納品
  • 最終的に発注した小売業者へと配送

こうして見ると、物流センターはこの流れを統括し、需要と供給のバランスを調整する役割を担っていることがわかります。つまり、「適切な商品を、適切な場所に、適切な時間に、適切な条件で、適切なコストで供給する」ためには、物流センターが円滑に機能しなくてはならないのです。逆に、物流センターが何らかの理由で機能不全に陥ると、先に見たサイクル全体が停滞し、配送遅延など顧客の信用失墜を招くことにもなりかねません。

物流センターの構造と仕組み

物流センターは生産と消費を結ぶ流通の拠点として、多種類の物品を大量に荷受けし、仕分けて保管、必要に応じて加工して供給する業務を担っています。より具体的に見てみましょう。

  1. 多種類、大量の商品の荷受け
  2. 商品の相違、瑕疵、数量のチェック
  3. 仕分けと保管
  4. 出荷指示に合わせてピッキング
  5. 荷造り・配送

物流センターの構造は、センターの立地条件や扱う商品の種類や大きさ、数量などを総合的に判断して決定されます。物流センターは大規模施設なので、いったん建設されてしまうと変更することは極めて困難です。そのため、物流センターの建設には準備段階で入念な調査が必要となります。物流センター内には荷受け場、検品場、保管場、仕分場、流通加工場、発送場、事務所などのほか、駐車場や取り扱い商品によっては、冷蔵設備や冷凍設備も必要です。いずれの施設も扱う商品の種類や大きさ、数量などが十分にまかなえるだけのスペースが確保されないと、作業に大きな支障をきたすことになります。

自動化とIT技術で目覚ましく変わる物流センターの現状

物流の自動化技術の進歩はめざましく、すでに自動で荷物を運ぶロボットなどが登場しており、さらに改良が加えられています。こうした技術は物流センターにも影響を与えているのです。

まず、ピッキングや棚卸作業の自動化に注目します。フェッチ・ロボティクス社の「フレイト」というロボットは、ピッキング作業者の後を安全な距離を保って商品棚までついてくるという優れものです。さらに、ピッキングした荷物を梱包場所まで自動で運んでくれるので、その間に作業者は別のフレイトを呼んで次のピッキング作業に取りかかれるなど、大幅な作業率の向上を実現しています。また、フレイトには作業員がいなくても自動的に棚卸ができる機能があり、従来なら人手に頼るしかなかった手間のかかる棚卸でも簡単にできるため、これまでと比較して倉庫業務が大幅に軽減されるようになりました。

次に紹介したいのは、物品把握の効率化です。キュービスキャン社の「キュービスキャン75」という、荷物の測量技術に優れた荷物専用のスキャナーは、最先端の3Dカメラであらゆる角度から物品を撮影することで重量を正確に測定し、輸送コストを抑えるにはどのように梱包すればよいかを自動で計算してくれます。こうして輸送コストを抑えることで、経費を大幅に削減することが可能なのです。

物流において、物流センターが果たす役割は重要です。物流センターでは荷受けした物品を仕分けて保管し、必要に応じて加工して出庫する業務を担っています。この業務をより効率的に遂行するためにも自動化とIT技術の革新は、ますます重要になってきているといえるでしょう。多様化する物流業務をスムーズに行うには、ロボットによってどこまで省力化できるかがポイントになりそうです。

 

参考: