物流省人化機器導入ガイドブック

省人化とは、人手で行っていた仕事を機械に任せることです。物流省人化機器では自動倉庫、無人搬送車、ソーター、ピッキングシステムなどが用いられます。

例えば、取り扱う物の量が急増したり、求められるスピードが上がったりした場合、今までなら作業者を増やしたり、作業時間を長くしたりといった方法で対応してきました。しかし、物流業界では人材不足が大きな問題となっており、働き手はますます減少し続けていくことが確実視されています。また、作業の効率化や過酷な環境、危険作業からの解放は、今後改善していかなければならない重要な課題になってきております。

この「物流省人化機器導入ガイドブック」では、自社で省人化機器を導入し、成功させるために知っておくべき省人化の基礎知識と、検討するにあたって準備するべき業務フローや展開した場合のイメージについて解説します。

目次(全10ページ)

  1. 物流省人化機器を導入するために
  2. 物流業界における省人化の流れ
    • 省人化の歴史
    • 省人化が検討される背景
    • 省人化のメリット
    • 省人化を検討するために
    • 省人化のアイデア
  3. まとめ